/
/
/
/
/
 
Semperoper and Junge Szene on Facebook Semperoper Dresden on Twitter Semperoper Youtube Channel

ユダヤの女

Fotogallerie für ユダヤの女 - Insgesamt  Fotos.

1835年にパリ・オペラ座で初演されて以降、オペラ《ユダヤの女》には陶酔した熱狂と冷酷なまでの拒絶がつきまといます。自身もユダヤ人であったジャック・アレヴィは、キリスト教とユダヤ教の対立をテーマにオペラを作ったのです。

1414年のコンスタンツ公会議の後、ユダヤ人の金細工師エルアザルと娘のラケルは異端者として敵視されています。ラケルがユダヤ人の芸術家サムエルではなく、公女エウドクシを妻に持つカトリック教信者レオポルドの愛人であることから、状況は悪化します。当時、ユダヤ教とキリスト教同士の交際が発覚すると死刑が待っていました。愛するレオポルドを助けるため、ラケルは自ら罪をかぶり、父と共に有罪の判決を下されることになります。しかし、父エルアザルはある告白をし、娘を罪から解放しました。ラルケは本当はあるキリスト教徒の捨て子で、かつて、燃えている家の瓦礫からエルアザルが彼女を助け出したのです...。

ナチス支配の時代、アレヴィはその多くの作品と共に、ひっそりと姿を消していました。ヨッシ・ヴィーラーとセルジオ・モラビトの演出により、2008年にシュトゥットガルト国立歌劇場でプレミエ上演された舞台が、今回ゼンパーオーパーにて新解釈で上演されます。

ジャック=フロマンタル・アレヴィ
/全5幕

プレミエ: 2013年05月12日

公演 / キャスト

2013年09月15日
15:00 - 19:40
 
 
2013年09月29日
16:00 - 20:40
 
 

指揮: トマーシュ・ネトピル
Inszenierung/ドラマトゥルギー: Jossi Wieler, Sergio Morabito
Choreografische Mitarbeit: Lydia Steier
装置: Bert Neumann
衣装: Nina von Mechow
照明: Lothar Baumgarte
振付: Demis Volpi
合唱: Pablo Assante
Szenische 監修: Dirk Schmeding
Inszenierung/ドラマトゥルギー: Sergio Morabito
照明: Lothar Baumgarte

キャスト : 2013年09月15日

Eudoxie: Catriona Smith
Rachel: Tatiana Pechnikova
Eléazar: Gilles Ragon
Kardinal de Brogni: Liang Li
Léopold: Dmitry Trunov
Ruggiero: マティアス・ヘンネベルク
Albert: アレン・ボクサー
Ein Ausrufer: フリードリヒ・ダルゲ

ゼンパーオーパー友の会協賛公演

シュトゥットガルト国立歌劇場制作

ドレスデン・シュターツカペレ
ドレスデン国立歌劇場合唱団

フォトギャラリー

Ensemble|La juive|© Matthias Creutziger

映像

ユダヤの女
ユダヤの女
ユダヤの女